御社の評価は大丈夫?電話がよく鳴る営業マンと鳴らない営業マン、数字がよいのはどちら?

■自社の営業部にはよく電話が掛かってきますか?

自社の営業部を見てみて、電話がよく鳴り忙しそうな営業マンと電話が鳴らない暇そうな営業マン、忙しそうかは別にして実際に成績が良いのはどちらの営業マンでしょうか?

そんな風に見た事はなかったけど、そう聞くのだから普通とは逆に暇そうな営業マンの方?でも何故?と言うのが感想でしょうか。

 なるほど、トップセールスマンなら忙しいのかもしれませんが電話に追われてバタバタしているトップ営業マンって想像できるでしょうか?

 トップセールスマンの電話対応は、たいてい笑顔で余裕のある雰囲気で笑いながら対応しているはずです。

■電話が掛かって来る、来ない理由が大切です。

その秘密は、お客様がいちいち電話で確認する必要がない様に全てにおいて先手先手で対応、連絡しているからです。

 出来る営業マンは常に先手を打ちます。進捗報告から納期のご連絡まで、お得意先に心配やストレスを掛けませんから、お得意先も問い合わせの電話をいちいちかける必要もありません。

トップセールスマンは、いつも落ち着いて逆にお得意先のお客様に電話を差し上げて、仕事に追われるのではなく追いかけます。
 かかってくる電話は「相談したい事があるのだけど、いつ来れる?」これだけです。正に、数字は追いかけられるものではなく、追いかけるものだ!そのものなのです。

逆に電話がよく鳴り忙しそうな営業マンは、なぜその様に頻繁に電話が掛かってくるのかを分析すると、相当な無駄、非効率がありそうです。

若手や中堅の営業マンなら適切な指導、コーチングで営業効率を改善してあげれば御社の営業数字もグッと楽になるはずです。

 自社の営業マンに、よく電話が掛かって来て忙しく仕事に追われている方がいらっしゃる場合はご用心。一度、仕事の進め方を見直してあげて(お得意先からよく問い合わせをいただく内容を振り返って)みる事をお薦めします。

※営業部門の行動改善にお悩みの経営者様は、下記のお問い合わせより、ご連絡を頂ければ幸甚です。全力でサポート、伴走させて頂きます。

「営業改善」代表:黒田昭彦

■ 本ブログの内容、営業改善へのお問い合わせ先

関連記事

  1. アフターコロナの業務 ―テレワークでも成果を出す方法―