御社の営業部門を自信満々にする一つのヒント

■「すいません」という言葉の使い方を考える

人は同じ意味合いのことを言われても、言葉遣いひとつで気分よく出来たり、腹が立ったりするものですから、営業マンは得意先、取引先、社内において、普段の言葉遣いひとつにも気を使うものですよね。

例えば、何かを依頼するにしても、「していただけますでしょうか」と、「していただけないでしょうか」では、後者の方がより柔らかく、お願い度合いが高く感じるなどです。

ところが、そんな気遣いの出来る営業マンも含めて多くの人が何気なく、本当に無意識に使っている言葉で他の言葉に変えると非常に気持ちのいい言葉があります。

それは、「すいません」「ごめんなさい」という言葉なのですが、営業マンに限らず何気なく「すいません」と言っている人は非常に多いと思います。

謝罪の意味ではなく、何かをしてもらった際の感謝の気持ちとして、恐縮している事を伝える意味でも「すいません」は本当によく耳にします。

ただ、いつも「すいません」と言っていると潜在意識に刷り込まれて無意識のうちに卑屈になってしまいます。

これは、色々な方がおっしゃっている事ですが、私もなるべく「すいません」と言わずに「ありがとうございます」と言うように心掛けています。

■「ありがとう」という言葉を多用してみる

失敗を指摘されても「すいません」でなく、「ご指摘ありがとうございます」と言ってみると以外にいけるものです。人は「ありがとう」感謝される方が気持ちがいいのかもしれません。

同じ謝るにしても、「恐縮です」「失礼しました」で済ますのと、「すいません」ではトーンが違う様な気がするのです。

私も昔はよく謝っていました。「すいません」を連発していたのですが、ある時、取引のある代理店の方に、そんなに普段から謝っていたら、本当に謝罪する時はどうするのですか?と言われてはっとしました。

要は「すいません」と口で言っても、相手は心を見抜きます。ならば、失敗などを指摘いただいて事故になる前に気づかせていただいて助かりました(ご指摘ありがとうございます)でよく、普段の言葉遣いは「ありがとうございます(感謝)」の方が、気持ちよく営業出来るように感じます。

気持ちよく営業出来た方が、数字は伸びます。「すいません」を「ありがとうございます」に変える手法、御社の営業部門でも試してみませんか?

※営業部門の行動改善にお悩みの経営者様は、下記のお問い合わせより、ご連絡を頂ければ幸甚です。全力でサポート、伴走させて頂きます。

「営業改善」代表:黒田昭彦

■本ブログの内容、営業改善へのお問い合わせ先

関連記事

  1. 間違ったら成果は出ない。営業部門はアプローチ先を見直そう!

  2. なぜ御社の営業マンは営業会議を時間の無駄と感じてしまうのか?